古本喫茶ShowRei

きっかけは本がつないでくれました。

ゆっくりと本を読める場所を求めてふらりと立ち寄った古本喫茶。
最初にコーヒーを飲んだ時に素直に「美味しい」と思いました。
味作りがロースターの言うままではなく、しっかりと解釈をされていると感じました。

優しく、明るい店主さまが話しかけてくれまして、素性を隠しているの忍びなく、ロースターを営んでいる事をお話させていただきました。

そこから、すぐに仲良くなりまして今回のShowReiさんの為のコーヒーを作るお話をいただきました。
すでにご成功されていらっしゃるでしょうから、本当は最初は断ろうかと思ったのです。

しかし、お話をしていくうちに人の居場所についてや、向かう先、哲学的なお話含めてより、深い想いを知ることになりました。

もし、アルバートのコーヒーを武器にこのお店の力になれるのならと開発にあたらせていただきました。

最終的にコーヒーミル、ドリッパー、淹れ方まで変えていただき、完璧な味に仕上がりました。

赤い実を彷彿とさせる様なしっとりと甘みを感じる珈琲、でもどこかクラシックな情緒も感じるのは以前からのお豆へのリスペクトからです。

古本喫茶ShowRei 
名古屋西区城西3-10-5
7:00 – 17:00
月曜定休/火曜時々休み

レンタルスペース 4145

名古屋 栄生にこじんまりとしながらもおしゃれで気軽に利用しやすいレンタルスペースができました。

こちらの4145さんのお店の名前の由来は実は番地から来ています。

アルバートコーヒーロースターズも1日カフェイベントで利用させていただきましたところ非常に使いやすく、なにより、店主様の人間味があふれるお店だと感じました。

イベントスペースとしての性質も持ちながらも、普段からアルバートコーヒーロースターズのコーヒーが飲めたり、期間限定の出品など、本当に目が離せない場所となっております。

出店者さま向けや、イベント情報、詳細は下記まで。

4145[ヨンイチヨンゴ]キッチン付きレンタルスペース

〒451-0051 名古屋市西区則武新町4-1-45 平手ビル1F

花と猫

東京都の菓子屋「花と猫」

オープンこそ2022年ですがアルバートとの交流は2021年。私たちの創業間もない頃からありました。

お互いのセンスに惹かれ合う様にいつかお店を出せたらアルバートのコーヒーを使いたいと言っていただいておりました。

出店に至るまでにも、オンラインショップで度々コラボをさせていただき、彼女の作る世界観がとても好きでした。

こちら「猫もち」看板商品と言っていいのでしょうか。看板猫と言ったらいいのでしょうか。もっちりした食感とミルクの風味が口中に広がります。

いずれ売切れで買うのが困難な製品になるでしょう。

花と猫さんでは、しっとりと甘い口当たりの「晴れ間」とずしりと重い「雨」というコーヒーをブレンドで作らせていただきました。

ぜひ、お菓子と共に楽しんでください。

東京都調布市緑ヶ丘1-10-7 1F南側
京王線仙川駅より徒歩8分くらい
12:00〜18:00
月曜とたまに日曜定休

詳細は花と猫さんにて

Astral Ray Coffee

奈良県のコーヒースタンドAstral Ray Coffee -アストラルレイコーヒー- さん

保育士、教員という他業種から転向された方達が作り出すお店です。

こういった場合、何をサポートするのか、実は他のロースターにも相談をしました。

先方から返って来たのは「私だったら全力で止めるね。」

過去の経験から返答に合点がいきつつも何かできないかと思いました。

そんな折、お二人とお付き合いしていくうちに色々見えて来ました。

よく笑う人は、よく泣いた人です。

ここに来るまでに色々乗り越えていらっしゃったのでしょう。

自分達と重ねてみることしかできませんでした。

信念強く、私たちにできることは全力で応えていこうとこちらも覚悟を決めました。

とにかくうまいコーヒーを卸すること、これがアストラルさんの絶対的自信になる様に。

オープンまもないですが、美味しいコーヒーに焼き菓子。

すでに奈良を代表する様なコーヒースタンドの風格を持たれている様です。

ぜひ、足を運んでみてください。

Astral Ray Coffee

奈良市法蓮町349-1

奈良教育大附属中前 just one second

ori

多国籍朝食&ブランチのお店oriさん

なんとも媚びていない味作りに魅了されてしまいました。写真は台湾のお料理、鹹豆漿(シェントウジャン

シェフは海外での経験も積まれており、お料理は見た目も華やかで、それでいて日本的要素を合わせもった健康的なお味です。

店舗の作りも見事で、なんとも贅沢な時間を演出してくれます。

朝食やブランチ、そこに添えられるoriブレンドは多国籍料理ということでコロンビアやケニアをブレンドに贅沢に構成することで、優しい味ながらも少しユニークに仕上げました。

月曜/火曜定休 8:30-18:00
〒452-0803
愛知県 名古屋市大野木4-8
(052) 890-3588

詳細情報はoriさんまで

https://www.ori-origami.com/

雑貨店COCO

「手書きのパッケージが素敵で。。。」

そんなお言葉と共にご縁をいただきました。

御多分に洩れずCOCOさんに置かれるコーヒーに関しましても一点一点手書きさせていただきました。

お話を頂いたのが2021年の9月ごろ。

色々と大変な状況を乗り越えての開業で途中、工事が遅れていることをご報告いただくなど、気にかけていただき、お人柄が伝わってきました。

店内には所狭しと店主さまセレクトの素敵な雑貨が並べられていました。

冬は雪が壁のようにそそり立つそうです。

すごく厳しい場所だなと思いつつも、いつもニコニコされて楽しみながらお店をやられている日常が目に浮かびました。

近くにあったら毎日会いに通ってしまいそうです。

雑貨店 COCO

青森市栄町2-4-4 ロイヤルハイツ栄町 1F

Rolling Rolling Bake

築100年以上の建物にアメリカンカントリーな焼き菓子屋さん

岩手県のRolling Rolling Bakeさんから焼き菓子に合わせたブレンドを作ってほしいとご依頼をいただきました。

遠方からのご依頼はまるでシュレーディンガーの猫の様です。
地名も知らなければ、どんな人が住んでいて、どんな人が働いていて、どんなお店の雰囲気で、全てが予想のもとに繰り広げられて、箱を開けるまで結果がわからない。

その為、ローリングさんにはまずはお菓子を送っていただきました。
完全に味だけで岩手県のお店を紐解いていきます。
とても優しく、素朴でいて、お子様でも食べられる様に素材などにかなり配慮がみられます。
なるほど、とても考えられているお菓子だと感じました。
店主さまとお話しした結果、優しく、しっとりと甘い繊細なブレンドに仕上げることにしました。

こうして、お店を訪問できる日を迎えたわけですが、お店に入った瞬間、どこかで記憶のある甘い焼き菓子の香りが店内に立ち込めていました。
どうしても、想い出せない海外のどこかで体験した懐かしい香り。
箱の中身の予想はあっていた様です。
ローリングさん、私たちと出会ってくれてありがとうございます。

Rolling Rolling Bakeさんでは地方配送も承っているそうです。

気になる方はRolling Rolling Bakeにてお問合せください。

営業日時:水曜-土曜11:00〜16:00

岩手県奥州市水沢東上野町3-4

0197-48-9089