ori

多国籍朝食&ブランチのお店oriさん

なんとも媚びていない味作りに魅了されてしまいました。写真は台湾のお料理、鹹豆漿(シェントウジャン

シェフは海外での経験も積まれており、お料理は見た目も華やかで、それでいて日本的要素を合わせもった健康的なお味です。

店舗の作りも見事で、なんとも贅沢な時間を演出してくれます。

朝食やブランチ、そこに添えられるoriブレンドは多国籍料理ということでコロンビアやケニアをブレンドに贅沢に構成することで、優しい味ながらも少しユニークに仕上げました。

月曜/火曜定休 8:30-18:00
〒452-0803
愛知県 名古屋市大野木4-8
(052) 890-3588

詳細情報はoriさんまで

https://www.ori-origami.com/

雑貨店COCO

「手書きのパッケージが素敵で。。。」

そんなお言葉と共にご縁をいただきました。

御多分に洩れずCOCOさんに置かれるコーヒーに関しましても一点一点手書きさせていただきました。

我々にとっては何千のうちの一つの商品ですが、お客さまにとっては一つの商品。

COCOさんを通じてアルバートコーヒーロースターズのコーヒーへの想いを伝え

インスタグラムを拝見させていただいてもすごくお洒落なお店だということがみてとれます。

お話を頂いたのが2021年の9月ごろ。

色々と大変な状況を乗り越えての開業で途中、工事が遅れていることをご報告いただくなど、気にかけていただいてお人柄が伝わってきました。

お会いできるのが今から楽しみです。

雑貨店 COCO

青森市栄町2-4-4

Rolling Rolling Bake

老若男女愛されるお菓子でしょうね。

アルバートコーヒーロースターズでスタッフやパティシエらと共に味のふるいわけテストを行った際、最初にローリングさんのお菓子を口にした時に感じた印象でした。

素朴で優しく、世代を越えて楽しんでいる姿が目に浮かびました。

そんな、ローリングさんのお菓子に合わせたオリジナルブレンド。

アルバートコーヒーロースターズの現在取り扱っている豆のラインナップでは作れないと感じました。

描きたい色があるけど色の数が足りなくて絵の具を買い足す画家の様な気分でした。

オレンジ色が欲しい、強いオレンジではなく、糖蜜の様な色を含んだマーマレードの様な色のコーヒー豆が。

そこで、新しく導入したのがエルサルバドルの品種。

オレンジの様な風合いがエルサルバドルで採れる良質な珈琲の特徴でした。

ローリングさんと決めた優しい味の珈琲。

お菓子と共に楽しんで貰えたら何倍もお互いの素晴らしさが増す。

実際に店頭で口にすることが楽しみで仕方ありません。

地方配送なども可能な様です。

詳細はRolling Rolling Bakeにてお問合せください。

営業日時:水曜-土曜11:00〜16:00

岩手県奥州市水沢東上野町3-4

0197-48-9089

【9月の営業案内】

9月20日(月)は普段は定休日ですが祝日の為。10時〜17時の通常営業。
21日は振替でお休みさせていただきます。
27日はニムロドさんでセミナー。
こちらは、まだ参加者の募集をさせていただいております。
その他は通常通りの営業です。よろしくお願いいたします。

コーヒーの淹れ方 How to Brew Coffee

基本の分量


1杯 120~150ml 10-13g
2杯 240~300ml 20-28g
4杯 480~600ml 40-48g

グラム数は目安となります
濃いめに抽出したものを湯で薄めると調節ができます
浅煎りの豆はさっと、深煎り豆はゆっくり丁寧に時間をかけて抽出するといいですよ
湯の温度は90℃ほど、温度が低いとあまり味が出てくれません

アイスコーヒーの場合
1杯 120~150ml 20-28g
2杯 240~300ml 40-48g
1L 80g ※水出し

珈琲器具による味の違い


  • ドリッパー抽出

ドリッパーによる抽出は上からお湯を注ぎ透過させ、その抽出速度などによって味に変化がつけられます。

ペーパーやステンレスなど使うフィルターによって、舌ざわりなど自分好みに変えることが特徴です。

  • フレンチプレス

フレンチプレスによる抽出は安定しており、そのコーヒーが持つ味をそのまま伝えてくれます。

深煎りの豆にはあまり向いておらず、逆に浅煎り~中煎りの酸味を効かせたコーヒーでは、ドリッパーでは出せなかった味が表出し、たまに化けたように美味しくなります。

※2021/8/12現在の情報 今後加筆予定です

Relaxe. WEST

肌や体、美容に良い食材を

美容関連のご職業につかれていた店主様の想いが詰まったカフェ

トーストにゆで卵、燻した香りがついたお湯の様なコーヒー。

ボリュームばかりが名古屋のモーニングの代名詞に成り下がってしまいました。

Relaxeのモーニングは、美味しいパンに季節の有機野菜とアルバートコーヒーロースターズのコーヒー。

これで、500円、周りのお店を潰そうとしているのでしょうか。

豆乳で作られたジェラートも美味しい果物の味。

実はこのお店、おうちの中に入っていくと見つけられます。

純真な心を持った人だけが辿り着けるお店と称しています。

どうか、少しでも長い期間、食べ〇グなどに掲載されることないようにして欲しい。

このお店だけは、他と同じにして欲しくない。

店主の優しさ含め、特別が詰まったお店です。

Relaxe.west

名古屋市西区上小田井1-373

OPEN 8:00-13:00

不定休

8月の営業案内

8月1日(日) 焙煎機煙突掃除の為臨時休業
8月9日(月) 祝日の為臨時営業
8月10日(火) 祝日営業の振替休業
8月30日(月) 珈琲セミナー (事前お申込み)

その他、お盆など平常通り運転してまいります。


また、1日の焙煎機掃除は休業ではありますが、工場見学が可能となっております。

焙煎機は、こんな風な仕組みになっているんだと。。。知っていただける機会になるのかなと。

特におもてなしもできませんが、朝10時からお腹がすくころまで、掃除しております。

ご興味のある方はいらして下さい。

応対は難しいですが、お豆だけは購入できるようにしておこうかなとも思っています。

また、お子様連れの方もO.Kですが作業をしております、必ずお子様から手を離さないようにお願いいたします。

HAT Burger & Coffee Shop

ハンバーガーに合うコーヒーを、、、とお話をいただいたのが3月。

アルバートが出来たばかりの頃です。

そんなタイミングに私たちを見つけていただいて。

一目ぼれしたとさえ言っていただき、7月のHATさんのオープン迄に有名になっておきますと再開を誓いました。

その目標は達せられたのか、さておき、HATとAlbertは相性抜群だったようです。

小麦香るバンズとHATブレンドの甘みが合わさり、口中に幸せが広がりました。

お肉を増量してもボリュームが増すばかりのハンバーガーとは違います。

しっかりとお肉の味が感じられる、お肉が主人公のハンバーガーです。

こちらのクッキーは深煎りのブレンド豆にDunk(浸す)するとよりおいしさが増します。

共に大きくなりましょうと誓い合っています。

■HATブレンドについて
2種類ご用意しましたが、どちらもルワンダがメインで、しっかりとしたボディと肉汁があわさり、質の高い酸味で美味しさが増すように味づくりを仕上げました。

HAT Buger & Coffee Shop

〒500-8474 岐阜県岐阜市加納本町6−2

058-213-0810

Ethiopia Guji Buku

ストロベリーフレーバーで人気のエチオピアブクが精選方法ナチュラルのニュークロップに切り替えとなりました。

ロットによって味が変化する、農作物としてのコーヒーをお楽しみください。

温度が高いうちはコクとコーヒー感が強く

冷めるといちごのフレーバーが立ち上り始めます。

店頭、当店ECサイト、アルバートーコーヒーロースターズ楽天市場店で取扱可能です。